« お雛さん | トップページ | 3才のおたんじょうび »

2012年3月14日 (水)

一周忌

月日が流れるのは早いもので・・・
3月14日 私の父親の一周忌でした。

既に、5日に納骨と一周忌の法要を済ませ、今日はお墓参りに行ってきました。

時々、私は父の夢を見ます。

一番最初に見た夢は、亡くなってから1週間ほど経ってからなんですが、顔だけははっきりといつも分かるんです。
私に寄りかかって、亡くなった事に対して、「残念だ」と共に涙を流しながら会話していました。まさか、手術して2週間後には帰宅できると皆が思っていたから。

「だけど、今までの痛いのもしんどいのも全部とれた」と。
「これからは、あっちでゆくっりするから」
「これからは母のことも、妹も、弟も私も、家族皆の事を見守ってるから」っと・・・。

そして、一番最近見た夢は納骨の前に、家族みんな集まって実家に泊まりにいったんです。
すると、父が枕元にいて皆の顔をじっと一人ずつ眺めているような、そんな夢でした。
最後のお別れを言いにでも来たかのような感じでした。

この夢以外にも何回か見ましたが、いつも、夢を見るのは家族の中でも私だけなんです。

それから、友人の母親が亡なる寸前にも、夢枕?とも言うのでしょうか?
夢にでてきて「お母さんもぅ元気になってん」っと。
そして、友人は「何を言うてるん?!」
って言うとすぐ、目を覚ましたらしいんですが、その後お母様はお亡くなりになられました。

私は、何の宗教に入ってるわけでもないですが、お坊さんが言いました。
この世では、皆修行をしに来ているんだと。修行が済むと、仏様が極楽浄土へ連れて行ってくださり、とっても楽になると。。。

私も、目には見えなくても、あの世はあると思っています。

これからは、父が安心して安らかに眠れるよう、私達家族も毎日を楽しく、一日一日を大切に過していかないといけないなと、思っている今日この頃です。

家族って本当にかけがえのない存在ですよね。

Thank you Heather!Dscn5811








3月11日の東日本大震災で亡くなられた方々への、ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« お雛さん | トップページ | 3才のおたんじょうび »

日々のデキゴト」カテゴリの記事

コメント

[ryokoさんへ]
不思議なことに、1年っていう節目もあるのか、納骨も無事終えたせいもあるのか、
私の(自分の)中で何かケジメというか、心の整理ができたでいか?
1周忌過ぎてからというもの、全く父の夢を見なくなりました。

やっと、成仏してくれてのかなぁ?なんて
思っています。
亡くなった人って、喋らないっていうけど、あの時ばかりは声も聞こえたので、まるで生きているかのような父との会話でした。

ryokoさんのお父様もきっと、天国でryokoさんの事を見守ってくださっていますよ!

投稿: ラブママ | 2012年3月26日 (月) 23時30分

[みっちょんへ]
人が生きていても、1年ってあっというまだけど、父がいなくなってからの、1年はもっとあっというまに月日が過ぎていったかのように思えるよ。

だけど、その中で時々思いだしては、最後は24時間体制で同じ病室で、寝泊りしながら、一緒に看病できたこと、最後の私なりの、いや家族なりに親孝行ができたかな?なんて思っています。
意識はほとんどなかったけど、淋しがりやのお父さんだったから、喜んでくれてるんじゃないかなぁって思ってるよ。

それも、後ろにはみんなの協力があってだしね。支えてくれたみんなにもありがとうと言いたいです。

投稿: ラブママ | 2012年3月26日 (月) 23時25分

一周忌お疲れ様でした。
お父様は大変なときにお亡くなりになられたんですね。
みんなが不安な気持ちの時期だったから、
きっと見守ってくださってると思います。

夢に出てきてくれるだなんてすごく羨ましい!
ウチは父が亡くなって8年経つのにさっぱり^^;
母はたまに夢見るようだけど、私にも会いに来て欲しいなー。

投稿: ryoko | 2012年3月23日 (金) 09時36分

お父様の一周忌、無事に終わりお疲れ様でした。

ブログを読んで涙が流れました。
身内が人が亡くなる経験は幼い頃しか経験していない私・・・。
親がいなくなるなんて想像しただけで胸が苦しくなります。

改めて、親が元気な内に親孝行をしなければ!と考えさせられたよ。

投稿: みっちょん | 2012年3月20日 (火) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お雛さん | トップページ | 3才のおたんじょうび »